私は、マイホームコンサルタントと称して、家づくりのコンサルティングをしながら不動産業を営んでいます。


 その仕事をする上で、最もジレンマを感じるのが、性能があまり良くないと分かっている建売住宅をおすすめする時です。

a5ab6dcc3202d0226f10db63f7c793c9_l

 アーネストワンの新築一戸建てなら、耐震等級3、断熱等級4を取得していますので、性能面では建売住宅としては優秀な部類です。

 お客様への説明も、ここを強調します。


 そのお客様を、次に地元の工務店が建築した建売住宅にご案内すると


 「わぁー、こっちの方がずっといい!」


 と言われるお客様がいらっしゃいます。


 食洗器やシャッター雨戸、照明がついて、流し台やトイレ便器も上質なものを使用しています。

 中には、カップボードまで付いている物件もあります。


 洒落た壁紙や落ち着いた色調のフローリング


 見栄えはいいですからね。


 そう思われるのも当然でしょう。


 「でも、性能はアーネストワンの方がいいんですよ。」


 と、説明しても、あまり真剣に受け止めてくれないお客様がいらっしゃいます。


 性能を取るか見栄えを取るか?


 限られた予算の中で何を重視するか。


 それは、お客様のお考え次第です。


 もちろん、見栄えだって、アーネストワンのシンプルさがいいとおっしゃるお客様もいらっしゃいます。

 デザインは人それぞれ好みがありますからね。

 それにしても、性能を気にされないお客さんが多いのは、ちょっと意外です。


 マイホームコンサルタントしては、見栄えだけでなく住宅の性能も重視してほしい。


 「性能の良い家がいいのは分かっているけれど、どうしても予算的にそこまで求める余裕がありません。」


 と言われるお客様には、無理をしてまでとは申し上げません。


 マイホームは生活を豊かにするためのものであって、住宅ローンで生活が苦しくなったのでは、本末転倒ですから…


 ただ一つ、冬 暖かく、夏 涼しい家をお望みなら、これだけはこだわって欲しいという品があります。


 それは、サッシのガラスです。


 住宅の断熱性という観点で見た時、住宅の中で一番弱いのが窓です。


 私は、平成20年に自分の住まいを建築した際、南側と西側の窓のみLow-Eガラスにしました。


 東側と北側は、普通のペアガラスでした。


 そのペアガラスから流れ落ちる冷気の凄いこと


 まるでナイアガラの滝のようでした。


ナイアガラの滝
 もちろん、普通のペアガラスでも賃貸の時の単板ガラスよりは、はるかに性能がいいのは分かっていました。


 しかし、Low-Eガラスと比較してみて、その性能の差に愕然としました。


 そして、東側と北側のペアガラスを全てLow-Eガラスに変更しました。


 その時の記事「ガラスのエコリフォーム、ビフォーアフター」


 この経験から、窓ガラスは、是非Low-Eガラスにして欲しいと思うようになりました。

 これは、建売り物件を建築される工務店さんへの要望にもなりますね。

 では、なぜ建売の建築業者さんは、性能のいい家を建てようとしないのか?


 それは、ニーズがないからです。


 建売住宅を求めるお客様の多くが、まず一番に重視するのが価格です。


 安ければ性能が多少落ちても仕方ない。


 そう考えた上での結論ならまだいいんですが…


 家の性能なんて勉強しなかったから、どの程度、性能に差があるか知らなかった。


 というのでは、残念すぎます。

 人生最大の買い物です。


 30年、40年と住み続ける住まいです。


 もっと、勉強していただきたいと思います。

 注文住宅なら、C値、Ua値にもこだわって、サッシは樹脂サッシ、ガラスもトリプルガラスやアルゴンガス入りと、いくらでも性能の良さを追求することができます。

 建売住宅だと、そういう訳にもいきませんが…
 

 せめて、購入される皆さんには、Low-Eガラスの物件を選んでいただきたい。


 もし、気に入った物件が、Low-EガラスでなかったならLow-Eガラスへの変更を検討していただきたい。


 我が家で11カ所のガラスをLow-Eガラスに変更して約24万円の費用が掛かりました。


 全部の窓ガラスを変更して、30万円程度で変更できるなら、十分、検討する価値ありです。


 私なら、売り主さんに値引きの代わりにガラスを全部、Low-Eガラスに変更してくださいと交渉させていただきます。

 そんなニーズが増えてくれば、建売住宅でもLow-Eガラスの物件が増えてくるはずです。

 弊社の仲介なら「ほぼほぼ仲介手数料無料」ですから、浮いたお金でLow-Eガラスに交換することも可能です。

 是非、ご検討ください。 


 さて、Low-Eガラスの説明をせずにこの記事を書きましたが、次回の記事でLow-Eガラスの構造・性能については説明させていただきます。


 また、Low-Eガラスにも、遮熱タイプと断熱タイプがありますが、その使い分けについても説明したいと思います。

 お楽しみに!

(株)ユアサイドエステートは、新築戸建て「ほぼほぼ仲介手数料無料」

 FPによる住宅ローン無料相談、毎日、受付中です。



鹿児島で新築・住宅の購入に関する相談は >>> 鹿児島 相続と住まいの相談室


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ

にほんブログ村テーマ 家づくりの残念・失敗・後悔ポイントへ
家づくりの残念・失敗・後悔ポイント

ブログTOPページへ >>> マイホームコンサルタントの家づくりナビ 

 

鹿児島 相続と住まいの相談室
 株式会社 ユアサイドエステート
 行政書士事務所ユアサイド鹿児島
   鹿児島市東谷山5丁目1-12 1F(タイヨー東谷山店向い)
   電話 099-800-8458