住宅を購入する際の諸費用の中でも大きなウェイトを占める不動産業者の仲介手数料

 宅建業法で規定される仲介手数料の上限額は、物件価格の3%+6万円


 これに消費税がかかります。


 税抜き3,000万円の建売住宅なら、


 (3,000万円×3%+6万円)×1.1 = 105万6,000円


 上限額といいながら、ほとんどの不動産業者はこの上限額を当然のこととして請求し、ほとんどの購入者は請求されたこの額を当然払うべきものと考え、支払っているのが現状です。

o円


続きを読む