翌朝、目が覚めると背中と腰の痛みもほぼ消えていた。

DSC_1946_1


 しかし、尿道管や点滴の管など体には数本の管が繋がれているから、起き上がることもできない。


 そこに上司のA係長が見舞いに来てくれた。


 有り難いのは有り難いが、「流石に手術翌日は早すぎですよ。」


 と言いたかったが、そこはぐっとこらえて丁寧にお礼を述べておいた。



続きを読む